HOME>ホットトピックス>熱中症対策としても注目される作業服に関して

その原理は気化熱にあった

近年人気急上昇中の空調服は、回転ファンが備わった服のことですが、動力源には空調服専用のバッテリーを使用します。この服を着ると涼しくなる仕組みは、回転ファンが大量の外気を服の中に送り込み、空気の流動で汗の気化を促進して体温を下げてくれるからです。汗が蒸発する際は皮膚の表面温度をことのほか沢山奪っていくため、その涼しさから今では暑い季節の定番アイテムとなっています。そしてポイントになるのは、服の中に取り込まれた空気が袖口や襟元から排気されることです。つまり汗の蒸発によって湿り気を帯びた生ぬるい空気は外へ出て行くので、快適に過ごせるようになっています。

汚れが気になる時は専用フィルターを使おう

空調服のファンが綺麗な状態なら服の中にどんどん外気を送り込んでくれますが、使い続けていくと汚れがファンに固着して回転効率が落ちる場合があるのです。そこで、粉塵などの汚れを防止したい時はファンフィルターを利用するのが良く、これをセットすることでファンを汚れからガードしてくれます。

取り付ける時は概ねこんな感じ

回転ファンを空調服用の作業着に取り付ける時は、服の外側から取り付け穴にセットしますが、ファンの丸く盛り上がった方を内側にします。そして、服の裏側から付属のリングを取り付けて、ファンをしっかり固定するのが一般的です。その後はファンとバッテリーをケーブルでつなげ、バッテリーをバッテリーポケットに入れればOKとなります。